熊野筆メイクブラシのお手入れクリーナー
> >

リキッドブラシをいれた瞬間、汚れが浮き上がってきた

※商品の写真は旧パッケージです。

奈良県 河合 雅子さま

悩んでいたころ

3年以上愛用している熊野筆のリキッドブラシ 最初に自分でネットで調べて洗った洗浄液は、市販のシャンプーです。

手もみで何度も洗いましたが、全くとれませんでした。 そして、次に試したのは、クレンジングで洗いました。 同じく手もみで何度もコスリ洗いしたところ、シャンプーよりは汚れの落ちが良い。ようやく洗い終わったら、 ブラシが、ツヤとハリがなくなっていて、熊野筆の気持ちいい肌さわりがなくなって悪くなってしまいました。

商品を見つけたきっかけと感想

たまたまに、広島のお土産屋さんで「熊野筆クリーナー」を発見しました。 2980円もする高価な洗浄液でしたが、50回も使えるということで、 思い切って買ってみました。

私は、リキッドブラシを熊野筆クリーナーを使って洗ってみました。 リキッドブラシをいれた瞬間「じゅわっ」とメイクブラシの汚れが浮き上がってきてました。 「すごい!」 汚れ落ちは、シャンプーや石鹸、クレンジングより断然早く落ちました。

洗い終わっあとの乾きも、速くあまりストレスに感じませんでした。

リキッドブラシの毛が柔らかさがもどっているようで、毛のツヤもクレンジングと明らかに違いました。 シャンプーで洗っていたあとで、熊野筆クリーナーで洗っても、ツヤとハリが良くなっているように感じました。

 

Copyright(c) 2014-2016 メイクブラシの洗い方 All Rights Reserved.