熊野筆メイクブラシのお手入れクリーナー
> >

熊野筆のメイクブラシをクレンジングで洗う

クレンジングとはなんでしょか?

化粧品には、肌を美しく見せ、かつ落ちにくいことが求められます。 多くの化粧品は油性の基剤により顔料などを肌表面に密着させており、 これは普通の洗顔料や石鹸では落としにくいです。

そのため、化粧品の油分を溶かし落とすために、 専用のクレンジング剤が用いられています。 油分を多く含む乳液などでも代用可能といわれています。 洗顔料の前に使用し、化粧を落とすためにつくられたものです。

さらに強いオイルクレンジングとは、なんでしょう?

オイルクレンジングとはその名の通り、オイルタイプのクレンジング剤です。 なめらかなオイル特有のすべりの良さ、使い心地の良さから支持している人も多いのです。

メイクだけでなく、皮脂が酸化して油汚れになってしまったものや、大気中の汚染物質まで落とすことができる、 とても強いオイルクレンジングです。 その汚れや皮脂をよく落としてくれる理由は、界面活性剤が多く含まれているためと言われています。 界面活性剤によって汚れを落とすことができるのがオイルクレンジングの仕組みです。

メイクブラシをオイルクレンジングで洗う時の注意点

上記に挙げたように、ミルクやジェルタイプのクレンジングと比較すると、 オイルクレンジングには界面活性剤が多く含まれている傾向があります。 界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせるために必要な成分で、メークとオイルをなじませるために重要なものです。

洗浄力が強く刺激になるため、メイクブラシが濃くて落ちにくいときだけ使うなどの工夫が必要です。 また、なめらかな感触なので滑りやすく、 指先に力をいれてしまいがち。強くマッサージしたり、 ゴシゴシとこすったりしていると、メイクブラシを傷つけてしまいます。

さらに、必要な毛の栄養分まで奪いとり、メイクブラシがバサバサと乾燥してしまったり、 メイクブラシのトラブルを引き起こす原因になりかねません

クレンジングするたびにバリア機能が壊れています!

よく落ちるクレンジングはそれだけメイクブラシに負担が大きいのは、事実です。

つまり、クレンジングは、メイクブラシに大変負担をかけてしまう洗い方です。 それが毛の乾燥や毛切れといったバリア機能が低下したメイクブラシのトラブルになってあらわれてきてしまいます。

クレンジングを使う以上はダメージは避けられません。、 できるだけ負担のかからない方法でいたわりながらメイク筆の汚れを落とすしかありません。

 

Copyright(c) 2014-2016 メイクブラシの洗い方 All Rights Reserved.